ホーム>LIFESTYLE BLOG

LIFESTYLE BLOG

オクラときゅうり 海老の冷製パスタ

オクラときゅうり、海老の冷製パスタ

夏の爽やかレシピ。きゅうりとオクラのソースが海老と良く合い彩りの良い冷製パスタです。

材料(4人分)

オクラ 4本
きゅうり 1本
1/2カップ
コンソメ 1/2個
板ゼラチン 2g
海老 12尾
オリーブ油 大さじ4
スパゲティー 320g
   

 

作り方

  1. オクラは下処理をして小口切りに塩ゆでし、板ゼラチンはふやかしておく。オクラときゅうり、海老の冷製パスタ オクラ切る
  2. きゅうりのざく切り、1のオクラをフードプロセッサーでペースト状にする。(少し飾り用にとっておくとよい。)オクラときゅうり、海老の冷製パスタ フープロ
  3. 水を電子レンジで温め、ふやかしたゼラチンを加えて溶かす。
  4. 海老は下処理をしてさっとゆでて水にとる。(あれば白ワインを入れるとよい。)オクラときゅうり、海老の冷製パスタ 下ごしらえ
  5. 3とコンソメをフードプロセッサーに入れて混ぜ合わせソースが完成。
  6. スパゲティーは表示の時間通りゆでて、冷水でよく洗い氷水でしめる。オクラときゅうり、海老の冷製パスタ
  7. スパゲティーをボウルに移して、オリーブ油をからめてソースと和える。冷製パスタ作り方 オリーブ油をからめる
  8. スパゲティー、ソース海老を盛りつけて完成!オクラときゅうり、海老のパスタ

 

 

レシピは食空間プロデューサー松永寛子のオリジナルレシピです。無断での転写・転載はお断りいたします。また、商用でのご利用の際には許諾が必要となります。

9月レッスンスケジュール

こちらのブログアップは久しぶりですね。

ブログは移動となっており、こちらはお料理のレシピやお知らせを中心としたものとなります。

お料理レシピも参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

9月  レッスンスケジュール

料理フォトのサムネイル画像のサムネイル画像

1日(土)10:30~13:00  洋菓子教室

2日(日)10:30~13:00  洋菓子教室

3日(月)10:30~13:00  洋菓子教室

5日(水)10:30~12:00  テーブルコーディネート教室  ランチ付き

6日(木) 10;30~13:00 洋菓子教室

7日(金) 10:30~13:00 洋菓子教室

8日(土)10:30~13:30  パン教室

9日(日)10:30~13:30  パン資格取得コース AD

10日(月)10:30~13:30 パン教室

13日(木)10;30~12:30  料理教室

14日(金)10:30~12:30  料理教室

15日(土)10:30~12:30  料理教室

16日(日)10:30~12:30  料理教室

23日(日)10:30~13:00  洋菓子資格取得コースAD

27日(木)10:30~14:00  おもてなし料理教室

28日(金)10:30~14:00  おもてなし料理教室

29日(土)10:30~14:00  テーブルコーディネート教室  ランチ付き

 

30日(日)10:30~13:30  洋菓子教室  資格取得コース

     10:45~12:45  洋菓子教室   定期コース

 

 

 

以上です。10月からの秋学期生のための体験レッスンも受付いたします。ご検討中の方はぜひこの機会にご受講くださいませ。

ご希望の方は、ご希望レッスン名とレッスン可能な曜日をご記入の上、メールにてお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

 

 

 

 

 

 

豆乳担々麺風そうめん

豆乳担々麺風そうめんレシピ

夏の定番 そうめんのアレンジレシピです。豆乳やゴマを使って担々麺風に仕上げます。

材料(2人分)

そうめんや冷や麦など 200g
豆乳 150ml
400ml
鶏ガラスープ(粉末) 大さじ1
豚ひき肉 150g
長ネギ(みじん切り) 1本
にんにく(みじん切り) 1/3片
焼肉のたれ 大さじ1
花椒 少々
黒ゴマ(半擦り) 大さじ2

 

作り方

  1. そうめんは表示の時間より30秒少なくゆでて冷水で洗う。
  2. 水と鶏ガラスープを鍋で沸かし、豆乳を加えて沸騰させないように温める。
  3. にんにくはみじん切り、長ネギは外側を白髪ねぎに中身をみじん切りにする。20188416112.JPG白髪ねぎ
  4. 豚ひき肉とにんにくのみじん切り、長ネギのみじん切り、焼肉のたれを入れふわっとラップをしてレンジ500W で2分かける。20188416230.JPG
  5. かき混ぜてさらに2~3分かけて火を通す。
  6. どんぶりにそうめん、豆乳スープ、肉味噌、白髪ねぎを順に盛り付けて、好みで花椒や豆板醤などを添え、黒ゴマをたっぷりとかけて出来上がり。

 

スープまで飲み干せる優しい味わいの担々麺風そうめんです。焼肉のたれはお味噌がしっかりと入ったもののほうが味が良く合います。

 

 

食卓から笑顔を♡

家族が喜ぶお料理を学んでみたい方はこちらへ

食と空間のスクールTablesalon

 

20188416313.JPG

ヤムウンセン

ヤムウンセン

タイ風春雨サラダ。大ぶりの海老をたっぷりと入れてメインのおかずとして食べられるようにボリュームを出しました。

材料(4人分)ヤムウンセン材料

海老(大) 12尾
春雨 120g
パプリカ(赤) 1/4個
きゅうり 2/3本
紫玉ねぎ 1/2個
豚ひき肉 60g
レモン汁(ライム) 大さじ3
ごま油 大さじ2
Aナンプラー(魚醤) 大さじ3
A生姜絞り汁 小さじ1

A紹興酒

小さじ1
パクチー 適宜
赤唐辛子 2本
レモン(くし形)  

 

作り方

  1. 海老は下処理をして、紹興酒を揉みこむ。湯を沸かして、海老をゆで冷ましておく。
  2. きゅうりは縦半分、種を取り出してから斜め薄切り、パプリカと紫玉ねぎは薄切りにする。唐辛子1/2本はみじんに刻む。
  3. 豚ひき肉はフライパンでカリカリになるまで炒める。
  4. 春雨は2~3分ゆでてざるにあげたらボウルに移し、すぐにごま油を振りかけてほぐしておく。
  5. Aの材料を混ぜ合わせる。
  6. 1~4を混ぜ合わせて5で和え、皿に盛り付けたらパクチーと唐辛子、くし形のレモンをのせて完成!

 

ヤムウンセンコーデ

 

セヴィーチェ

セヴィーチェ

南米ペルーやメキシコのお料理。

魚介や野菜がレモンでマリネしてさっぱりといただけるレシピです。使用するものは複数組み合わせでもOK!

材料(4~6人分)

たこ足 1本
海老 6尾
アボカド 1/2個
パプリカ(赤・黄) 各1/5個
オリーブ(緑・黒) 各3個
青唐辛子 1本(あれば)
マリネ液  
白ワインビネガー 大さじ1
はちみつ 小さじ1
レモン汁 大さじ1
オリーブ油 大さじ2
玉ねぎのみじん切り 大さじ1
にんにくすりおろし ごく少量
   
レモン  

 

作り方

  1. 海老は胴の部分の殻を剥いて背ワタを取り除き、ゆでる。
  2. たこの足は食べやすい大きさの乱切りにする。
  3. アボカド、パプリカは2.5cm角くらいに切る。
  4. 青唐辛子はみじん切りにする。
  5. マリネ液の材料を混ぜ合わせ、味を整える。
  6. 全てをさっとマリネ液で合わせたら冷蔵庫でよく冷やす。
  7. 皿に盛り付けたら、レモンをたっぷりと絞って召し上がれ。セヴィーチェ

 

冷たいそうめんとの組み合わせ

そうめんとの組み合わせ

暑い夏にはさっぱりとのど越しの良いそうめんや冷や麦が食べたくなりますね。

ただ、毎回そうめんだけではかえって夏バテの原因になります。おかずも夏バテしないようしっかりととりましょう。今回は油を使わないヘルシーな組み合わせなので食欲がわかない時やダイエット中の方にもおすすめです。

 

材料(4人分)

そうめんまたは冷や麦 400g
ほったらかし鶏 2枚
梅干し 1個
スプラウト 適量
だし 150ml
麺つゆ 1カップ
薬味 大葉や浅葱、胡麻などお好みで
   
   

そうめんレシピ

作り方

  1. ほったらかし鶏はこちらを参考に→『ほったらかしでしっとり柔らかな鶏むね肉』(準備中)
  2. そうめんや冷や麦をそれぞれ表示時間より30秒少なめにゆでる。
  3. ざるにあけて流水でよく洗いぬめりをとったら、氷水に放ち麺をしめる。
  4. 麺つゆまたはかえしを出汁で薄めて氷で調整しておきます。
  5. お好みで薬味を揃え、盛り付けしたら完成です。
  6. 簡単だけどしっかり栄養も取れる組み合わせです。特に炭水化物を食べるときには梅干しと一緒に食べると糖質の吸収を防いでくれますのでかなりおすすめです。

     この夏ぜひお試しあれ♡

 

そうめんレシピ

 

3つの食べ方アレンジ【山形郷土料理だし】

おはようございます。

食と空間のスクールTABLESALONを主宰している食空間プロデューサーの松永寛子です。

 

今日は暑い夏にぴったりの

山形の郷土料理 だし 

の食べ方アレンジを3種類ご紹介しますね。

 

私も夏になるとよく作り置きしておきますが、

香味野菜が効いていてさっぱり

するするとご飯が進むので食欲がないときにもおすすめです。

 

3つの食べ方アレンジ 山形の郷土料理だし

 

1、当たり前だけどご飯にかける

山形郷土料理だしごはんとのサムネイル画像

 

 

 

2、冷やしうどん、ざるそばにも

山形郷土料理だし

 

 

3、しっとり冷製鶏肉のたれとして

山形郷土料理だし

こちらはあれば少し白だしを足すとより美味しいです・・。

 

 

 

簡単に作れる【山形の郷土料理だし】レシピはこちら↓

 

Hiroko‘s レシピ 山形郷土料理だし

 

山形の郷土料理【だし】を簡単に手作り

山形郷土料理だし

山形の郷土料理【だし】をめんつゆで簡単に作ります。

食欲のないときでもさらさらとご飯がいただけるだしは夏にぴったりですよ。

材料(作りやすい分量)山形郷土料理だし材料

きゅうり 2本
茄子 1本
みょうが 3個
大葉 5枚
めんつゆ 1/4カップ
   
 

 

作り方

  1. きゅうり、茄子、みょうが、大葉はそれぞれ5㎜角に切る。山形郷土料理だし工程1
  2. 水2カップに塩小さじ1を加えて大葉以外の野菜を5分ほどさらす。山形郷土料理だし工程②
  3. ざるにあげて水気をよく切り、保存容器に入れる。山形郷土料理だし
  4. めんつゆと大葉を加えて混ぜ合わせ冷蔵庫で1時間冷やす。(冷蔵庫で5日間日持ちします。)

 

     希釈タイプのめんつゆは薄めてから使ってくださいね。その日のうちにすぐ食べたい方は濃い目がおすすめです。

 

山形の郷土料理だしの食べ方アレンジはこちら↓

山形郷土料理だし 3つの食べ方アレンジ

 

教室ブログからレシピブログへ

おはようございます。

食と空間のスクールTABLESALONを主宰している食空間プロデューサーの松永寛子です。

 

 

以前書いていたアメブロを再開し、こちらのブログはお久しぶりです。

 

更新頻度はぐんと少なると思いますが、

こちらは教室のこととレシピを中心にしようと思っております。

 

スクールの情報とレシピの充実したサイトとなるよう作っていきたいと考えておりますので

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ヴェリーヌ2種のサムネイル画像

 

 

また、皆様には先日発刊した本を早速、たくさんご注文いただき

ありがとうございました。

 

最上のおもてなし2のサムネイル画像

 

現在、10月からの生徒様を募集しております。

詳しくは各コースをご覧ください↓

 

 

食と空間のスクールTABLESALON

 

 

テーブルコーディネート教室

講習と実践で学ぶテーブルコーディネート。自己流から抜け出しセンスアップ!ランチ付き 月1回

 

おもてなし料理教室

テーブルコーディネートも学べる欲張りクラス。ホームパーティやおもてなしに使えるレシピ満載! 月1回

料理教室

まだその都度レシピの検索??基礎を学べば冷蔵庫の中の食材をきれいに美味しく使い切れます!!

パン教室

通常コースに加えて 【こねないパン】コースが誕生!ランチあり・なし選べます!

お菓子教室

フランス菓子基礎とした日本人の繊細な舌に合わせたお菓子レシピがたくさん!おもてなしメニューやおやつメニューなど。

 

どのクラスも質問しやすい少人数制としております。満席になり次第、締め切りとさせていただきますのでご了承ください。

お問い合わせも下記より受付しております。

お問い合わせフォーム

 

 

 

FB、インスタのやっています!フォローいただけると嬉しいです↓

TABLE SALON  FB

https://www.facebook.com/TABLESALON/

INSTAGRAM

https://www.instagram.com/matsunaga_hiroko/

 

 

コーンスープの作り方(生から)

コーンスープ

老若男女問わず大好きな味。フレッシュなトウモロコシの季節に作りたいコーンスープ。フレッシュならではの甘みと香りがたまりません。

材料(作りやすい分量)

トウモロコシ

生トウモロコシ 2本
120ml
適量
牛乳 40ml
生クリーム 30ml
   

 

作り方

  1. 生のトウモロコシは皮を剥いて蒸す。(15~20分程度)2018714212247.JPGトウモロコシのスープ工程①
  2. 冷めたら実だけ包丁でこそげとり、水と一緒にミキサー、またはフープロにかける。
  3. ピューレ状になったら目の細かいシノワで漉す。コーンスープ工程②
  4. ギュッと押して、液体を絞り出す。
  5. 4と牛乳を鍋に入れて5分程度煮る。コーンスープ
  6. 生クリームと塩を加えて味を整える。
  7. 冷製スープとするときは生クリームと塩を増やすとよい。

冷凍保存も可能なのでトウモロコシが美味しいときに沢山作っておくと重宝します。

前へ
次へ
  • HIROKO’s Lecipe ラグジュアリーな食卓、とっておきのrecipe食空間プロデューサーの松永寛子がおいしくラグジュアリーな食卓、とっておきのレシピをご紹介します。
  • Food&Lifestylecreate協会
  • オンラインSHOP
  • 松永寛子著書のご案内美しい写真で綴られるテーブルコーディネートとお菓子の本
  • TABLE SALON フランス便りフランス紀行