ホーム>LIFESTYLE BLOG>HIROKO’s Lecipe>美味しさ色々 牛テールの5つのお料理
HIROKO’s Lecipe

美味しさ色々 牛テールの5つのお料理

食と空間のスクールTABLESALONを主宰している食空間プロデューサーの松永寛子です。

 

牛テールの下ごしらえをご紹介しましたが、

その後はこんなお料理で楽しみました。

       牛テールの下ごしらえの仕方はこちら

 

1、牛テールスープ

牛テールスープ

今回は圧力鍋を使って時短調理。

ただし、圧力鍋で作ると旨味がスープに出てしまうため、スープを美味しくいただくのにはよいのですが、お肉自体を美味しく柔らかく食べたいときには不向きかと思います。

 

2、こくまろ味噌汁

す味噌汁に1/3ほど加えてみるとおいしさアップ!

油揚げやお肉を入れた時のようにこくまろの味噌汁ができます。

 

3、牛骨ラーメン

牛骨ラーメンのサムネイル画像

 

 

牛テールスープをとった後の牛骨。捨ててはいけません!

ここからもしっかり出汁が出ます!

 

こちらを水から火にかけるだけでこんな白濁したスープが取れます。

 

 

こちらをベースに魚出汁(煮干し・鰹節)を足してラーメン。

 

 

 

4、牛骨スープの焼き飯

 

牛テールスープ

上記の出汁と同じスープを少しピリ辛にして・・・。

石鍋でじゅわー~~~~~っと!!!

白髪ねぎをたっぷりと添えて食べてもらいます!

 

5、牛テールのブルギニヨン風(赤ワイン煮)

牛テールの赤ワイン煮

 

こちらは、お肉の味をきちんと残すように低温調理。60~70℃の温度で半日煮込みます。

今回は家庭でも簡単にできるように、シャトルシェフを使用しました。

ただし、1時間くらいで温度が下がってくるので、温度管理をするために温度計必須です((笑)

 

ブルギニヨン風とはブルゴーニュ地方のワインを使用してつくるので

ピノノワールなのでしょうが、味のバランスから私はピノとカベルネソーヴィニヨンのワインをセレクト。

 

 

フィットチーネやじゃいもを添えて。

 

余すところなく使える牛テール。

お肉屋さんで頼めば手に入りますし、スーパーなどでお買い得品が出ることもあります。

 

時間はかかりますが大切なポイントだけ外さなければほろほろとしかも旨味を逃がすことなく作れるものばかりです。

是非お試しくださいね!

 

 

 

 

食と空間のスクールTABLESALON

 

 
  テーブルコーディネート教室

講習と実践で学ぶテーブルコーディネート。自己流から抜け出しセンスアップ!ランチ付き 月1回

 

おもてなし料理教室

テーブルコーディネートも学べる欲張りクラス。ホームパーティやおもてなしに使えるレシピ満載! 月1回

料理教室

まだその都度レシピの検索??基礎を学べば冷蔵庫の中の食材をきれいに美味しく使い切れます!!

パン教室

通常コースに加えて 【こねないパン】コースが誕生!ランチあり・なし選べます!

お菓子教室

フランス菓子基礎とした日本人の繊細な舌に合わせたお菓子レシピがたくさん!おもてなしメニューやおやつメニューなど。

 

どのクラスも質問しやすい少人数制としております。満席になり次第、締め切りとさせていただきますのでご了承ください。

お問い合わせも下記より受付しております。

お問い合わせフォーム

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.matsunagahiroko.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/451

前へ
次へ
  • HIROKO’s Lecipe ラグジュアリーな食卓、とっておきのrecipe食空間プロデューサーの松永寛子がおいしくラグジュアリーな食卓、とっておきのレシピをご紹介します。
  • Food&Lifestylecreate協会
  • オンラインSHOP
  • 松永寛子著書のご案内美しい写真で綴られるテーブルコーディネートとお菓子の本
  • TABLE SALON フランス便りフランス紀行