ホーム>LIFESTYLE BLOG>作り置きおかず>新生活の季節ですね
作り置きおかず

新生活の季節ですね

おはようございます。食と空間のスクールTABLESALONを主宰している食空間プロデューサーの松永寛子です

 

久しぶりの投稿となってしまいました 汗

 

4月にはいり、新生活を始められた方も多いことでしょう。

我が家でも長女が大学を卒業して社会人としての1歩を踏み出しました。

次女は大学4年生となり就職活動が始まりました。

 

以前、部活動で怪我をしその後の経過が思わしくなく春休み中に手術、退院後は実家で療養していた次女。

2日前に通院を機に自分のマンションへ帰ることにしたのですが

松葉杖があと10日ほど必要とのことで

買い出し

1週間分の作り置きおかず

を作って夜の12時頃に拘束を運転して帰ってきましたので、少々お疲れ気味でございます・・・。

更新できなかったいいわけです (笑)

 

次女が送ってくれた写真↓

一人暮らしの作り置きおかずのサムネイル画像

  1. 切り干し大根の煮物
  2. 蓮根のはさみ焼き
  3. ミネストローネ
  4. 新じゃがのバター醤油煮
  5. タラモサラダ
  6. 大根とレンコン、豚肉の煮物
  7. ほうれん草の胡麻和え
  8. 鮭の野菜ホワイトソース
  9. ドライカレーの素
  10. ほうれん草(茹で)
  11. 蒸し鶏
  12. 鶏肉の醤油麹焼き
  13. アスパラガスのバター蒸し煮

 

13品

2口のコンロで作るのはなかなか難儀でしたが、

これで、不自由な体でも大学とリハビリに励んでもらえれば・・・

母はそう願うばかりです・・・。

 

 

自宅で私が実際に作っている作り置きおかずは家族4人分なので、

一人分の作り置き、少量を無駄なく

材料を使い切るのにも4人分とは違った工夫が必要なのだわ~~~と

その工夫ポイントを考えていたので

あとでブログの中にまとめておきますね!

 

【健康や美は毎日食べたもので作られています】

正しい知識をもって自分の目で選んだ食材を自分で調理して食べる

これ以上の健康法はないのではないでしょうか。

 

毎日作るのは忙しくて大変・・・そんな方にこそやってほしい【作り置きおかず】です。

2~3時間で1週間分作っておけるから

忙しい毎日、遅く帰ってから今日は何にしようか・・・考えるのは大変出し気も滅入ってしまいます。

【作り置きおかず】があれば美味しいご飯が温めればすぐ食べられる、幸せが得られますよ。

 

勿論、時間に余裕がある方は、毎日その都度作る出来立てご飯をお勧めしま~す。

 

ライフスタイルに合わせて心と身体を健康に

食 からライフスタイルのご提案。

 

少しでも皆様のお役に立てれば うれしいです♡

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.matsunagahiroko.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/443

前へ
次へ
  • HIROKO’s Lecipe ラグジュアリーな食卓、とっておきのrecipe食空間プロデューサーの松永寛子がおいしくラグジュアリーな食卓、とっておきのレシピをご紹介します。
  • Food&Lifestylecreate協会
  • オンラインSHOP
  • 松永寛子著書のご案内美しい写真で綴られるテーブルコーディネートとお菓子の本
  • TABLE SALON フランス便りフランス紀行