ホーム>LIFESTYLE BLOG>HIROKO’s Lecipe>失敗しない【塩麹の作り方】通常編
HIROKO’s Lecipe

失敗しない【塩麹の作り方】通常編

塩麹の作り方のサムネイル画像

絶対失敗しない、3週間日持ちする塩麹の作り方のポイントをまとめました。

生米麹と乾燥米麹では発酵具合が違います。ここでは、生米麹を使用しています。

材料(作りやすい分量)

塩麹の作り方

  生米麴    300g (冷凍保存可能) 
天然塩  100g(塩麹の1/3量が目安)
360~400ml
   
   
   
   
   
   
 

作り方

  1. 生米麹を清潔な手で一粒一粒になるようによくほぐす。手でほぐすことで手の熱が伝わって麹が活性化してきます。面倒でもしっかりと粒になるまでするのがPOINT1!塩麴の作り方こんなお団子をほぐしていきます。塩麴の作り方サラサラ一粒ずつになるまで続けます。
  2. 塩を混ぜる。この作業も手でする。一つぶに塩をまぶすようにしっかりと混ぜるのが腐敗防止になります。←POINT2塩麴の作り方
  3. 水をひたひたになるように加える。水加減は調整して入れてください。多すぎても少なすぎてもダメです。←POINT3塩麴の作り方塩麹の作り方米麹が水より上に出てしまうと腐敗の原因となります。写真の水加減が目安です。
  4. 手でとろみがつくまで混ぜる。POINT4塩麹の作り方塩麹の作り方全体に白くとろんとした状態。周りに飛び散ったし米麹も腐敗の原因となりますのできれいにふき取ってキッチンペーパーでおきます。
  5. 冷蔵庫で約1週間、毎日1回は混ぜるようにして育てれば完成です。

      時間をかけずに美味しい塩麴を作る方法もあります↓

       発酵食コーディネーター養成講座へ

 私は、すぐできる方法で作っていますが、通常編をお教えするクラスもあるのでその場合には5の後に写真の発酵器にお任せしています。

ずるっこ((笑)(笑)

 

温度と時間を管理してくれるので6時間ほったらかしで完成。

 

近くの家電量販店で購入しました!

発酵器

 

 


塩麴だけでなく味噌やみりん、お酢など腸をきれいにしてくれる発酵食品について学びながら

毎日のお料理に上手に発酵食品を取り入れる方法をお伝えしています。

発酵食コーディネーター講座

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.matsunagahiroko.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/447

前へ
次へ
  • HIROKO’s Lecipe ラグジュアリーな食卓、とっておきのrecipe食空間プロデューサーの松永寛子がおいしくラグジュアリーな食卓、とっておきのレシピをご紹介します。
  • Food&Lifestylecreate協会
  • オンラインSHOP
  • 松永寛子著書のご案内美しい写真で綴られるテーブルコーディネートとお菓子の本
  • TABLE SALON フランス便りフランス紀行