ホーム>LIFESTYLE BLOG>おすすめキッチンツール・調味料>気になっていた低温調理機Felio
おすすめキッチンツール・調味料

気になっていた低温調理機Felio

食と空間のスクールTABLESALONを主宰している食空間プロデューサーの松永寛子です。

 

ずっと前から気になっていた【低温調理機】

とうとう

買っちゃいました~~~♡

 

Food&Lifesytlecreate協会では

発酵食の講座も開講しています。

 

ヨーグルトや甘酒

塩麴

フルーツの酵素ドリンク

などなど

毎日積極的に食事に取り入れることで

私自身の体調がとてもよいのです。

 

そんな実体験から生まれた発酵食の作り方とそれを使った

簡単レシピをご紹介しています。

 

発酵食コーディネーター養成講座

発酵食で心と身体にやさしいひと手間ごはん

 

この2つの講座のためにも必要不可欠な

ヨーグルトや甘酒

塩麴

フルーツの酵素ドリンク

これまで炊飯器や発酵器、またオーブンやシャトルシェフなどなど

さまざまな機器を食材の発酵に適した温度になるように試し、ご家庭でも簡単に作れるレシピをお伝えしています。

 

でもでも、こんないいものができたのなら買わない手はないなあ~~~とずっとずっと

思っていました。

 

 

 

低温調理機 Felio ↓

 

 

低温調理機

まずはお買い得品の牛もも 塊肉を買ってきて使ってみました!

常陸牛の10分の1のお値段!!!

 

常陸牛が大好きですけれど、さしの入ったお肉は美味しいに決まっているから、

あえて筋っぽい・・・硬そうな赤身のお肉がどこまで美味しくなるのか実験してみました。

 

 

作りましたのはおもてなしの定番

ローストビーフ

 

塊で・・・また薄くスライスしてサラダや前菜としても・・・

 

どこまで美味しく仕上がるのか・・・

結果は!!!?

 

 

ローストビーフこちらが出来上がったローストビーフ。

ご覧のとおり、脂肪分の少ない赤身です。

色はきれいなロゼに仕上がっていました。

 

そのお味は???

 

筋は全く感じられず、しっとり柔らか

赤身のお肉本来の味が楽しめる

さっぱりしているのでたっぷり食べても胃もたれなし

 

 

でも

本来の味が楽しめるため、においは牛肉本来の育ちのもの

 

 

今回は、いつもの常陸牛で作る赤ワイン主体の方法で一日漬け込みましたが、

このお肉の場合にはもう少し香味野菜を多くして漬け込むとよいかもしれません。

 

でも思っていた以上の仕上がりに可能性を感じずにはいられません!

購入してよかったと思います♡

 

 

この日はローストビーフと

ハーブ フライドポテト

 

ハーブフライドポテト

ハーブとオリーブオイルで揚げたフライドポテト。

揚げたてに岩塩とブラックペッパーをふって・・・。

止まらない美味しさ♡

 

 

 

 

今回は低温調理機Felioを使ってみた!をお届けしました。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.matsunagahiroko.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/466

前へ
次へ
  • HIROKO’s Lecipe ラグジュアリーな食卓、とっておきのrecipe食空間プロデューサーの松永寛子がおいしくラグジュアリーな食卓、とっておきのレシピをご紹介します。
  • Food&Lifestylecreate協会
  • オンラインSHOP
  • 松永寛子著書のご案内美しい写真で綴られるテーブルコーディネートとお菓子の本
  • TABLE SALON フランス便りフランス紀行