ホーム>LIFESTYLE BLOG>作り置きおかず

作り置きおかず

2017.2.21 作り置きおかず

こんばんは。

食と空間のスクールTABLE SALONの松永寛子です。

 

今日は、あいにくの雨ですね。そのせいなのか・・・今日はわたくしのお店の小さなカフェコーナーは満員でした。

コーヒーや紅茶だけのご利用も大歓迎です。ケーキのほか、パンやサンドイッチもお召し上がりいただけます。

 

さて、今週火曜日は都内へおでかけしたため、投稿が遅くなってしまいました。週一休みの作り置きおかずはこちらです。

 

 

2017.2.21 作り置きおかず

2017.2.21作り置きおかず

 

左上から時計回りに

青梗菜(茹で)

炊き込みご飯のもと

棒棒鶏のたれ

出汁

豚肩ロース肉の塩麴漬け

鶏もも肉の醤油漬け(お弁当唐揚げ用)

鶏むね肉の紹興酒蒸し

白菜やニンジン青梗菜など(茹で、八宝菜用)

ブロッコリー、スナップエンドウ、カボチャ(茹で)

新じゃがのバター醤油

ほうれん草と切り干し大根のごま酢和え(のり、すりごま、鰹節)

蓮根とベーコン、ブラウンエノキのガーリック炒め

スパイスカレー(市販のルーは使いません。スパイスを我が家流にブレンドして作っています。)

 

茹でた野菜が多くなりました。でも、これがあるとさっと仕上げられるのと、お湯を沸かす時間のロスがなくなるので夕食が確実に早くなります。

茹でただけのものは日持ちがしません。少量の油と酢を加えてゆで素材をコーティングして日持ちをよくしています。

もしくは冷凍庫で保存して使うのがよいですね。(電子レンジが好きではないので私は冷凍は極力しないようにしています。使うときの解凍方法に困ってしまうので・・・)

 

蓮根とベーコンのガーリック炒めにいれた「ブラウンエノキ」。シャキシャキとして歯ごたえがとてもよく、白いものより味がしっかりしています。最近、スーパーに売っているときには必ずと購入するお気に入り。

ブラウンえのきだけをガーリック醤油で炒めても美味しいです^^

 

さて、今週はこのあと体メンテナンスをして用事で都内へ!

注文しておいた大好きな作家さんの片口小鉢が焼きあがったと連絡をいただき、引き取りに行ったら赤坂の中華料理をいただく予定です。

 

お料理教室もただいま生徒募集中

4月からスタートクラスで基礎から学べます。

詳細はこちら

季節のしつらえ 教室も募集中

1年間の季節のコーディネートのほか、お菓子、お料理、お花、ハーブや紅茶のことなど、毎月違った楽しみが盛りだくさん。ライフスタイルそのものを楽しむクラスです。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

2017.2.15 これさえあれば作りおきおかず

こんばんは。

食と空間のスクールTABLE SALONの松永寛子です。

 

バレンタインが火曜日だったため、変則的に水曜日の休みとなりました。1週間が一日少なくなるので作りすぎないように・・・と思ったところへ白菜がどーんと届きまして・・・。

白菜をすべて使い切る【作り置きおかず】となりました。

 

2017.2.15作り置きおかず

2017215作り置きおかず左上から順に

白菜のアンチョビー焼き

タコ・セロリ・白菜のマリネ

白菜と鶏もも肉の煮物

白菜と水菜の塩ナムル

小松菜(茹で)

スナップエンドウ(茹で)

スナップエンドウと鶏肉の塩炒め

ほうれんそうのお浸し

白菜とパプリカの春雨炒め

 

この日の夕食は

【ビーフストロガノフ】

作り置きおかずのなかの【白菜とセロリ、タコのマリネ】

 

たこやエビなど魚介類が入っているマリネは2~3日で食べきるようにします。

マリネといえば玉ねぎ、きゅうり、パプリカ、セロリなどの野菜が定番ですが、白菜も芯を繊維に沿って切ってあげると食感がよくしゃきしゃきとおいしく食べられますよ。

お弁当に小松菜(茹で)とスナップエンドウ(茹で)は2日間で使い切る予定。夕食の魚や肉のたんぱく質はその都度買って調理するか、塩こうじやみそ漬けにして乗り切ります。

 

 

スナップエンドウと鶏肉の塩炒めは私のお料理教室でも「こんなに簡単に作れるのにとっても美味しい!!」と人気の一品。もちろん、私も簡単で美味しいシンプルなお料理、大好きです。

 

お料理教室の募集はこちらから

食と空間のスクールTABLE SALON

料理教室

お菓子教室

パン教室

食空間コーディネート教室

季節のしつらえ 教室

 

2018.2.7 これさえあれば作り置きおかず

こんにちは。

食と空間のスクール TABLE SALONの松永寛子です。

 

今週の【作り置きおかず】は、5~6時間かかるようなメニュー、例えば『大根と牛肉の煮物』、『ビーフシチュー』などことことと時間がおいしくしてくれるようなメニューがなかったため、いつもよりもずっと早く完成となりました。

こちらです。

2018.2.7  作り置きおかず

2018.2.8作り置きおかず左から時計回りに

鱈のハーブオリーブ油漬け

鶏もも肉の醬油漬け(お弁当唐揚げ用)

豚ロースの塩麴漬け

きんぴらごぼう

きのこの炊き込みご飯のもと

小松菜(茹で)

サツマイモの巾着(お弁当用)

切り干し大根と小松菜・人参の炒め煮

ほうれんそうのお浸し

牛肉とごぼうの炒め煮

白菜と豚肉・厚揚げのミルク煮

サツマイモの甘煮

スナップエンドウ(茹で)

以上13品

 

きんぴらごぼうはお弁当&夫の朝食用。

フルーティーな本物のオリーブオイルやMCTオイル、ごま油は積極的に私も摂りますが、お昼ご飯は外食という夫は、どうしてもお肉を食べすぎたり、酸化した油を摂ってしまっていたり・・・なのでできだけ自宅での食事は食物繊維たっぷり、発酵食品たっぷりにして腸を整えてもらいたいと思います。

 

なので家族でおならのくさい人は誰もいませんよ((笑)

失礼しました!

 

でも大切な健康のバロメーター。自分で簡単に腸の健康状態がわかりますからちゃあんと気にかけてあげてくださいね!

 

そろそろ冬の野菜たちが名残、春野菜の美味しい季節になり、

作り置きおかずも春の献立に少しずつ変わっていきます。

 

ではでは、また来週!

 

 

2017.1.31 これさえあれば作り置きおかず

こんばんは。

食と空間のスクールTABLE SALONの松永寛子です。

いつもいいね!をありがとうございます。励みになります。

 

昨日、週に一度の休みの作り置きです。今週はあの大仕事。味噌の仕込み。

今年は自然栽培の黒大豆を友人からいただいたので、予定していた麦味噌つくりのほか、黒大豆味噌も作ることにしました。

今週はこれが、3つ口コンロのうち一つを占領し、作り置きおかずがなかなか進まないのでした(泣)

出来上がったものはこちら

 

2017.1.31 作り置きおかず

 

2017.1.31作り置きおかず左上から時計回りに

酒粕豚汁

かぼちゃの煮物(みりん、砂糖の代わりに甘酒使用)

切り干し大根と小松菜、豆数種、ひじきの煮物

花形にんじん、そら豆

自家製ふりかけ

小松菜(茹で)

大人のポテトサラダ(柚子胡椒味)

低温のポットロースト用豚肉ロース塊(香味野菜に漬けて3日間置きます)

ぬか漬け(人参・大根)

肉じゃが

ほうれん草のお浸し

かぼちゃとナッツ、マッシュルームのサラダ  低温でスモークしたチキンと一緒に

ペンネ バジルソース(付け合わせ用)

 

先日、昨年漬け込んだ味噌が完成を迎えたのでそれで【鮭と酒粕のみそ鍋】を作り、残った酒粕を今週は豚汁にも入れてみたら、やはり体の温まり方が違います!!寒い日におすすめですよ。

かぼちゃの煮物は、みりんや砂糖は不使用で甘酒で煮ています。わたくしは普段は甜菜糖か三河のみりんを使っていますが、糖質制限の方にもおすすめです。

ポットローストの日は、とびきりの白ワインを飲もうと決めています。小松菜とパセリのソースとラズベリーのソースの2種類で仕上げる予定。

 

自家製ふりかけは、枯鰹節と羅臼昆布でだしを取った後の出汁がらで作ったもの。味噌味にして胡麻も擂ってたっぷりと加えました。普段はあまりしないけれど

まだまだ旨味があって美味しいものですね。早速本日のお昼ご飯にいただきました。

ごちそうが続いたときはこれで十分。

出汁がら利用のふりかけ白米に出汁がらで作った味噌ふりかけ(味噌も手作り)

具だくさんの酒粕豚汁

ぬか漬け

 

わたくしのご飯茶碗は古川さんの作品。(婦人画報などでもおなじみ)大好きな作家さんです。

敷物は柿渋染め。もう長い間、愛用しています。

食卓の芸術展でもご一緒させていただいたデザイナーの幸さんの作品です。1枚目写真のふりかけを入れた蓋つきの5角形の陶器も同じ方のもの。

 

 

 

 

2017.1.24これさえあれば作り置きおかず

こんばんは。

食と空間のスクールTABLE SALONの松永寛子です。

 

今週の作り置きおかずです。

今回は、いつもよりも品数が少ないわりに時間がかかってしまい、一人反省会(泣)です。

 

2017.1.24作り置きおかず

2017.1.24作り置きおかず左上から時計回りに

金柑と水菜、ニンジンのサラダ

もずくと地蛸、キュウリの酢の物

豚ロースのみそ漬け

鶏もも肉のお醤油漬け(お弁当唐揚げ用)

鶏むね肉の塩ネギダレ

ほうれん草(茹で)

チヂミのたれ

牛すねと大根のトロトロ煮

にらのチヂミ

切り干し大根のはりはりサラダ

小松菜(茹で)

以上11品

 

牛すねと大根、大好きな煮物だけれど、時間がかかるから忙しい方にはなかなか作れないもの。お休みの日にお掃除や洗濯をしながらことこと5~6時間煮込むとお肉もとろとろになって美味しくなりますよ!もちろん、大根はぬかか米のとぎ汁で一度ゆでること、お忘れなく!

ぬかを出したついでに、ぬか漬けのお手入れも・・・。先日少しだけビールを入れたらいつもの糠漬けの味が良くなりました。

 

今週、作ろうと思っていて材料は買ってあったものが3品もあり・・・このお休み明けの動きの悪さに自分のことながら驚いています。

今週末、お休みをとるのでそこで材料は使い切ろう、と思います。

 

この作り置きおかずも、毎週休みの火曜日の朝にお弁当作り、朝食つくりの時から取り掛かることをルーティーンとしているのですが、

週一休みも、これにかける時間は2時間くらい、

あとはできなくてもあまり気にしないことにしています。

 

たとえば、作れなかった【里芋の煮物】。たぶん、作る順番、要領が悪く、ガス口が足りなくて2時間のうちにできなかったのですが、

帰ってからではちょっと時間がかかるけれど、里芋をふかして、出来立て1年仕込みの味噌と甘酒、ゆずの皮を練り混ぜてつけて食べれば、また熱々がおいしく食べられる・・・と思うことにして。

作り切れなくても、あまり気にしないようにすることが長く続けることかな~~~と思っています。(実はとても気にするほうなのであえてまあよし、と思うことにしています。)

あとは一つの作り置きおかずを変化させるバリエーションがないと、家族も飽きてしまったりするので、お料理の引き出しはたくさん持っていたほうがよいですね!

 

レシピを増やしたい方もお料理教室へ!

春から始まる料理基礎講座

お料理初心者さんも、自己流で何となく自信が持てない方も

楽しく美味しくレッスンしているうちに、レシピがどんどん増えていくラグジュアリー料理教室はこちら★

講座に関するお問い合わせも随時受け付けております。

お問い合わせはこちら★

2017.1.17 これさえあれば作り置きおかず

こんにちは。

食と空間のスクールTABLE SALONの松永寛子です。

 

また今年も週一休みの作り置きおかずが始まります。

現在、子供と夫と3人暮らし。たまに大学生になって一人暮らしをしている長女、次女が帰ってくるとちょっとだけメニューが変わったりもします。

私の作り置きおかずは、年齢的にも塩分は控えたいのであまり濃くしなくても保存がきくものや、切ったりゆでたり、という下ごしらえをしておけば、仕事から遅く帰ってきてもすぐに御飯が食べさせられる、というもので、積極的に取りたい旬の野菜や時間がかかる煮物などを中心にしています。魚、肉類はその都度購入して焼いたり煮たり揚げたりしています。

 

それから、今年度は長女が幼稚園生のころから毎日作り続けているお弁当作りが最後の年になります。冷凍食品、レトルトは一切なし、お昼には味や食感の変化を確かめるため自分も同じものを冷たいものを食べてみて確認しながら作り続けたお弁当。変わったおかずは何一つ入っていないのだけれど、栄養のことを考えて作り続けてきたお弁当。

さあ、あと一年頑張って作りましょう!

 

2017.1.17 作り置きおかず

 

2017.1.17作り置きおかず

左上から時計回りに

鶏ごぼう団子と根菜の煮物

豚ロースの生姜醬油漬け

鶏肉の唐揚げ用 漬け

ほうれん草(ゆで)

油揚げ(カリカリに焼いてもの)

キノコの炊き込みご飯の素

ミネストローネスープ

切り干し大根の煮物

豆苗、水菜、パプリカ、金柑(サラダ用・塩ナムル用)

カラフル野菜のガーリックアンチョビ炒め

スナップエンドウ・インゲン豆(茹で)

鶏肉と玉ねぎ・ごぼう(炒め物とそぼろ用)

 

以上12品と塩ナムル用のたれ、出汁などを作って今週はこれでやりくりします。

 

 

2016.12.13 これさえあれば作り置きおかず

こんにちは。

食と空間のスクールTABLE SALONの松永寛子です。

 

今年、最後の作り置き投稿、になるかと思います。来週からはパーティーメニューなど・・・ちょっとイレギュラーになりそうなので。

 

2016.12.13 作り置きおかず

作り置きおかず2016.12.13左上から時計回りに

マイタケとシイタケの炊き込みご飯の素(だしと李昆布と鰹節を使って。2番だしを取らないときに)

パプリカとセロリ、玉ねぎのピクルス(お庭から摘みたてのディルと乾燥させておいたローリエを入れて)

出汁

ピクルス(中身はほぼ同じですが、オリーブオイル多めで長期保存用。)

スナップエンドウ(茹で)

トンポーロー(長ネギ、八角、生姜、花椒の香り)

蓮の梅酢

ジングルベルの人参(お弁当用)

豆苗と人参の塩ナムル

切り干し大根の煮物

ほうれん草の煮浸し

玉こんにゃく煮物

根野菜と切り昆布の煮物

全12品

今回は和食が多く、いつもはお味噌汁1回分程度は残る出汁が残らず。

これに、魚や肉のたんぱく質を焼いたり、煮たり、揚げたりして主菜とします。

今週の夕ご飯の彩が悪くなりそうなことと後日、サワーチキンの調味料代わりにするため、今週は配合を変えてピクルスを2種。

今から作っておけば、クリスマスパーティーの彩にも重宝します。

 

今日は、作り置きといつもの掃除、」2か所の大掃除と5回のお洗濯が終了し、これから一部壁紙張りに挑戦してみようかと。もう一日休みがあれば、もっと大掃除が進むのに~~~と歯がゆい思いもありますが、

疲れもたまっているので身体メンテナンスも予約。

一日の中で、やっておかなければならないことと、やりたいこととバランスとるのがなかなか難しいのですが、いまはやっておかなければならないこと優先で。

今年始めた勉強は、最近音声にして作り置き料理しながら聞いている始末((笑)入浴中にも持ち込めたらいいのにな~~っとも思っています。

0.1歩前進でもまあ良いとしましょうか((笑)

 

お料理教室2017年春から開講クラスの募集 1月10日から

お料理教室とおもてなし料理レッスン詳細とお申込みはこちら

お問い合わせ

定員になり次第締め切らせていただきます。どうぞ一年の計の中に学びの時間をプラスしてみてはいかがでしょうか。

お申し込み、お問い合わせお待ちしております。

 

2016.12.6 これさえあれば作り置きおかず

こんばんは。

食と空間のスクールTABLE SALONの松永寛子です。

 

週一休みの作り置きおかずです。朝早くから仕事、帰りが遅くてもちゃんとしたご飯が食べたい、食べさせたいと思い、休みの日にまとめて作り置きしたおかずが数品あるだけであとはこれにお肉や魚などをさっと焼いたり、揚げたり煮たりするだけですぐにご飯になるように1週間分の準備日です。

手作りのご飯は、子供たちの大切な味覚を壊してしまう「うま味調味料」や「○○エキス」などは一切なし。出汁は必ず自分でとりストックするようにしています。

 

2016.12.6作り置きおかず

2016.12.6作り置きおかず左上から時計回りに

ミネストローネスープ(朝食用)

炊き込みご飯のもと(2番だしを取らないので、出しガラを再利用したもの。うまみ十分)

ミートソース(そのままパスタに。2回目はジャガイモのグラタンに)

その間 ニンジン・ブロッコリーの芯で星(お弁当用)

大根(糠で下茹でしたもの。これをしないとえぐみが残ってしまうため)

ブロッコリー(茹で)

キヌアと雑穀のサラダ(アンチョビやチーズも入ってボリュームもあるサラダ)

春雨と豚肉の炒め物

牛肉と大根のとろとろ煮(6時間かけて柔らかくした牛肉と上記の下茹で大根が一緒に

 
 
 
@
2

なります。)

牛肉のとろとろ煮

今日は夜ご飯を作りながら、作り置きもしていたのでまだ上の牛肉は煮ている途中、もうあと2時間煮込んで牛肉がほろりを崩れるくらいになったら大根を入れて味を含ませます。

 

途中夜ご飯にガス口を占領されてすべて一緒に写真にとれませんでしたが、今が旬、とってもおいしい里芋もこの時期の作り置きに欠かせない食材。煮物もだしを含んでおいしくなります。

里芋の煮物

里芋(茹で)(こちらもゴルゴンゾーラチーズと生クリーム、チーズでグラタンを作る予定)

明日の息子のお弁当には早速、炊き込みご飯、里芋の煮物や星の飾りを使う予定。ほか、春雨炒めの少し残した豚肉で生姜焼き風にしてお弁当のメインに。

全11品 でした。

 

 

 

 

 

 

2016.11.29これさえあれば作り置きおかず

こんばんは。

食空間プロデューサーの松永寛子です。

昨日の休みの作り置きおかずです。

いろいろと用事を済ませなくてはならず、あまり作らない予定でしたが、作って撮影してみましたら結構数も量もありました。

ではこちらです。

2016.11.29 作り置きおかず

作り置きおかず2016,11,29左上から時計回りに

塩だれ(キャベツに、レタスサラダに、お肉にも!万能だれ)

焼きかぼちゃ

花人参(茹で・お弁当用)

松ブロッコリー(茹で・お弁当用)

いかの足(里芋の煮物残り、シイタケと一緒に揚げようと思います。)

里芋とイカの煮物

ブロッコリー(茹で)

かぼちゃペースト(牛乳を入れて温めればかぼちゃスープになります。朝食用)

きんぴらごぼう

切り干し大根と水菜のピリ辛サラダ

いつもの糠漬け(これが究極の作り置きではないかと思います。これを食べていると家族全員腸の調子がいいです。)

大根の鶏肉詰め 和風だし煮

シイタケの肉詰め(薄く衣をつけて揚げたてをいただくのが美味しいです!)

かぼちゃの煮物

豆苗と水菜の塩ナムル(水菜の季節の定番になりつつあります。)

炊き込みご飯のもと

   (出しがらの羅臼昆布と枯鰹節、シイタケ、ニンジンなど大したものは入っていないけれど、まだまだ旨みがあってこの炊き込みご飯も定番になりつつあります。具はその時冷蔵庫にあるものでOK。)

16品でした。

それから、みかん酵母と塩麴を漬け込み今週の家事貯金、終了。

 

 

 

 

 

2016.11.22 これさえあれば作り置きおかず

こんにちは。

食と空間のスクールTABLE SALONの松永寛子です。

今朝は、地震速報が久しぶりに鳴り響きました。避難されている方のいらっしゃるようですね。

早く安全が確保されることを心から願います。

東日本大震災の時の教訓が生かされているようで、速報や避難指示、原発の様子などもとても速くて、少し安心しました。もっとも、あの時はライフラインが寸断されてテレビすら見ることができませんでしたが・・・。

 

 

週一休みの作り置きおかず、本日はこちらです。

 

2016.11.22 作り置きおかず

2016.11.22作り置きおかず

左上から時計回りに

塩ハム・・・・・(4日間このまま漬け込みます)

ぬか漬け・・・・・(毎日かき混ぜています。発酵が進むように今日は日中出しておきます)

ゆで卵とジャガイモ(茹で)・・・・・・アンチョビやインゲン豆、レタス、きゅうりと合わせてニース風サラダになります。

かぼちゃのサラダ

ほうれん草の煮びたし

小鰺のエスカベッシュ・・・・いつもながら我が家のは野菜多めです。

豆苗と水菜の塩ナムル・・・・塩だれを作ると蒸し鶏やただのキャベツもおいしいですよ。後日改めてご紹介しますね。

レンコンチップ(素揚げ)・・・少しだけ残ってしまったレンコンはチップにしてそのまま食べても、水菜とサラダにしても。

切り干し大根の煮物(定番)

さやいんげん(茹で)・・・・ニース風サラダに!お弁当の肉巻きに!

レンコンのピリ辛煮・・・・お弁当の箸休めに

鶏肉の漬け込み・・・・・お弁当用

アフリカンチキン・・・・これもあと3日間漬け込んでパリッパリに焼きます。

 

鍋のなか

牛肉の赤ワイン煮

 

今週は、いつもよりちょっぴり豪華!だと思って方、正解です。

おもてなしする機会のある週の作り置きです。

こうしておくと帰宅してからパーティーも可能です。

お弁当用、おもてなし用、いつもの御飯用、たくさんの食材を使い分けして、今日は食材の量は大変多くなっています。

 

前へ
次へ
  • HIROKO’s Lecipe ラグジュアリーな食卓、とっておきのrecipe食空間プロデューサーの松永寛子がおいしくラグジュアリーな食卓、とっておきのレシピをご紹介します。
  • Food&Lifestylecreate協会
  • オンラインSHOP
  • 松永寛子著書のご案内美しい写真で綴られるテーブルコーディネートとお菓子の本
  • TABLE SALON フランス便りフランス紀行