ホーム>LIFESTYLE BLOG>HIROKO’s Lecipe

HIROKO’s Lecipe

コーンスープの作り方(生から)

コーンスープ

老若男女問わず大好きな味。フレッシュなトウモロコシの季節に作りたいコーンスープ。フレッシュならではの甘みと香りがたまりません。

材料(作りやすい分量)

トウモロコシ

生トウモロコシ 2本
120ml
適量
牛乳 40ml
生クリーム 30ml
   

 

作り方

  1. 生のトウモロコシは皮を剥いて蒸す。(15~20分程度)2018714212247.JPGトウモロコシのスープ工程①
  2. 冷めたら実だけ包丁でこそげとり、水と一緒にミキサー、またはフープロにかける。
  3. ピューレ状になったら目の細かいシノワで漉す。コーンスープ工程②
  4. ギュッと押して、液体を絞り出す。
  5. 4と牛乳を鍋に入れて5分程度煮る。コーンスープ
  6. 生クリームと塩を加えて味を整える。
  7. 冷製スープとするときは生クリームと塩を増やすとよい。

冷凍保存も可能なのでトウモロコシが美味しいときに沢山作っておくと重宝します。

簡単!ほったらかし塩豚の作り方

塩豚の作り方

ほったらかしで美味しくできる!簡単!アレンジ色々塩豚の作り方をご紹介します。

豚肉はロースのほか、バラ肉、もも肉でも柔らかく美味しく作れますよ。

材料塩豚レシピ 材料

豚肉かたまり 500g位
塩麴 大さじ3
黒こしょう 適量
   
   

 

 

 

 

 

作り方

  1. 塊肉を常温に戻し、塩麴を塗って黒こしょうをたっぷりとかける。塩豚の作り方1
  2. フライパンで表面を焼き付けます。
  3. 塩豚の作り方 2焼くたっぷりのお水に入れて沸騰させる。塩豚の作り方2
  4. 沸騰したら、火を止めて蓋をしてそのまま冷めるまでほったらかしにするだけ。
  5. お湯がしっかり冷めて、指で押してみてまだ柔らかい感じがするときはさらに再沸騰させてほったらかしにします。お肉の大きさや、鍋の保温性によって変わるので調整しながらやってみて。

 

大根と香味野菜のサラダ 梅と麹和え

大根と香味野菜のサラダ 梅と麹和えのサムネイル画像

ジメジメした季節にもさっぱりといただけます。梅には殺菌効果が、麹には夏バテ防止効果があります。亜麻仁油を使えば、認知症予防など・・・より健康効果が高くなります。

材料(4人分)

大根 5cm長さ程度
サラダ用水菜 5本程度
大葉 3枚
みょうが 1個
白ごま 大さじ2
   
梅干し 1個
甘酒 大さじ1 1/2
亜麻仁油 大さじ1

 

作り方

  1. 大根は千切り、サラダ用水菜は4cm長さに切る。
  2. 大葉は洗って千切り、みょうがは縦半分に切り、斜めに切る。
  3. 1と2をボウルのなかでさっと合わせておく。
  4. 梅干しと甘酒を小さなボウルに入れて混ぜ合わせ、亜麻仁油を加えてよく混ぜる。
  5. 3に4を加えて和え、器に盛り付けたら、白ごまをかける。(手でつぶしてあげると香りもよくなります。)

油はサラダ油、オリーブ油、ごま油でも作れます。

ルバーブジャム

ルバーブジャム

甘酸っぱい味が癖になります。スーパーで見つけたら買って作ってみてくださいね。

赤いルバーブ(生のものは入手困難ですが、緑は季節になると見かけます。)で作れば色の綺麗な赤いジャムに、緑のルバーブで作ると緑色になります。写真のように少し赤い部分があるとほんのりピンクがかった茶色っぽい色になります。

材料(作りやすい分量)

ルバーブ 1㎏
グラニュー糖 400g
レモン汁 20ml

作り方

  1. 洗ったルバーブを1,5cm長さに切る。ルバーブ作り方201852972535.JPGのサムネイル画像
  2. ホーローやステンレスのお鍋に入れてグラニュー糖をまぶして30分置く。
  3. 強めの中火にかけ、なべ底から返すようにときどき混ぜながら煮る。
  4. 201852974115.JPG水分が出てきたら、灰汁を丁寧にすくい取り中火でたえず混ぜながらとろんとするまで煮る。
  5. 201852973042.JPGのサムネイル画像ル・クルーゼのお鍋で2㎏作る場合、約15分。煮る時間はお鍋や量によってことなりますのであくまでも目安です。最後にレモン汁を混ぜ合わせて完成です。
  6. 2018529111321.JPG熱いうちに、煮沸した瓶などに入れて蓋をして逆さまにして冷まします。冷蔵庫で1か月は保存可能です。ぜひお試しくださいね。

 

鶏ささみの筋取り

ささみの筋とり扉のサムネイル画像

低脂肪で高たんぱくなささみですが、筋を取るのが苦手・・・そんな方も多いのでは?

コツさえわかればするっと簡単に取れます。

材料

   
鶏ささみ 何本でも♡
   
   
   
   
   
   
   

 

作り方

  1. 鶏ささみを筋を上にしてまな板の上に置きます。
  2. 筋の上と下、筋に沿わせるように4~5cm包丁を入れます。
  3. 裏返して左手の親指と人差し指で筋の先端をしっかりとつまんで包丁の背を下にして筋をはがす。この時に包丁を斜めにしてまな板に押し付けるようにして上下に少しずつ動かすようにする。
  4. 最後までそのまま筋が途中で切れないようにすっと動かして取りきる。ささみの筋とり画像のサムネイル画像

 

美味しさ色々 牛テールの5つのお料理

食と空間のスクールTABLESALONを主宰している食空間プロデューサーの松永寛子です。

 

牛テールの下ごしらえをご紹介しましたが、

その後はこんなお料理で楽しみました。

       牛テールの下ごしらえの仕方はこちら

 

1、牛テールスープ

牛テールスープ

今回は圧力鍋を使って時短調理。

ただし、圧力鍋で作ると旨味がスープに出てしまうため、スープを美味しくいただくのにはよいのですが、お肉自体を美味しく柔らかく食べたいときには不向きかと思います。

 

2、こくまろ味噌汁

す味噌汁に1/3ほど加えてみるとおいしさアップ!

油揚げやお肉を入れた時のようにこくまろの味噌汁ができます。

 

3、牛骨ラーメン

牛骨ラーメンのサムネイル画像

 

 

牛テールスープをとった後の牛骨。捨ててはいけません!

ここからもしっかり出汁が出ます!

 

こちらを水から火にかけるだけでこんな白濁したスープが取れます。

 

 

こちらをベースに魚出汁(煮干し・鰹節)を足してラーメン。

 

 

 

4、牛骨スープの焼き飯

 

牛テールスープ

上記の出汁と同じスープを少しピリ辛にして・・・。

石鍋でじゅわー~~~~~っと!!!

白髪ねぎをたっぷりと添えて食べてもらいます!

 

5、牛テールのブルギニヨン風(赤ワイン煮)

牛テールの赤ワイン煮

 

こちらは、お肉の味をきちんと残すように低温調理。60~70℃の温度で半日煮込みます。

今回は家庭でも簡単にできるように、シャトルシェフを使用しました。

ただし、1時間くらいで温度が下がってくるので、温度管理をするために温度計必須です((笑)

 

ブルギニヨン風とはブルゴーニュ地方のワインを使用してつくるので

ピノノワールなのでしょうが、味のバランスから私はピノとカベルネソーヴィニヨンのワインをセレクト。

 

 

フィットチーネやじゃいもを添えて。

 

余すところなく使える牛テール。

お肉屋さんで頼めば手に入りますし、スーパーなどでお買い得品が出ることもあります。

 

時間はかかりますが大切なポイントだけ外さなければほろほろとしかも旨味を逃がすことなく作れるものばかりです。

是非お試しくださいね!

 

 

 

 

食と空間のスクールTABLESALON

 

 
  テーブルコーディネート教室

講習と実践で学ぶテーブルコーディネート。自己流から抜け出しセンスアップ!ランチ付き 月1回

 

おもてなし料理教室

テーブルコーディネートも学べる欲張りクラス。ホームパーティやおもてなしに使えるレシピ満載! 月1回

料理教室

まだその都度レシピの検索??基礎を学べば冷蔵庫の中の食材をきれいに美味しく使い切れます!!

パン教室

通常コースに加えて 【こねないパン】コースが誕生!ランチあり・なし選べます!

お菓子教室

フランス菓子基礎とした日本人の繊細な舌に合わせたお菓子レシピがたくさん!おもてなしメニューやおやつメニューなど。

 

どのクラスも質問しやすい少人数制としております。満席になり次第、締め切りとさせていただきますのでご了承ください。

お問い合わせも下記より受付しております。

お問い合わせフォーム

 

これは絶対やるべき!牛テールの下ごしらえ

おはようございます。食と空間のスクールTABLESALONを主宰している食空間プロデューサーの松永寛子です。

 

美味しいものとワインに目がない私。

美味しいものを食べることも、作ることも大好きで、特に素材をどのようにしたら最高に美味しさを引き出すことができるのか・・・しかも家庭で簡単に・・・と追及する気持ちは人一倍♡

 

試作をひとたび始めると、作っては食べ作っては食べ・・・多い時には日に6食~7食 食べたり。

渾身の一皿ができ上ったら、ワインまで開けてしまったりもする。

 

子供が帰宅すれば、一緒に夕食をまた食べる←大切なコミュニケーション((笑)

 

これが私が肥えていく最大の原因です~~(汗 汗

 

さて、昨日とてもよい牛テールが手に入りましたのでその下ごしらえとお料理をご紹介したいと思います。

 

地元 茨城県の名産品常陸牛の牛テールが手に入

下ごしらえは時間はかかるものの  ほっとくだけなので簡単ですよ~~~

 

 

これは絶対やるべき!牛テールの下ごしらえ

 

牛テールの下ごしらえなんてあまり家庭ではする機会はないかもしれませんが、スーパーで冷凍の牛テールがお買い得になっていることもあるので

見つけたらお試しくださいね。

 

1、水を取り替えながら血抜きする

茨城県名産 常陸牛牛テール生なのでドリップもなくきれいに見えますがお水につけていきます。

 

 

 

茨城県名産品 常陸牛の牛テール 

大きめのボウルに入れて、お水が赤く染まらなくなるまで2~3回お水を取り替えて血抜きすることで臭みがなくなります。冷凍の場合には解凍してから水につけてください。

 

2、水につけて一晩おく

 

綺麗なお水に取り替えたらそのままお水につけて一晩(8時間程度)冷蔵庫に入れておきます。

 

3、水から茹でこぼす

茨城県の名産品 常陸牛の牛テール

 

大きめのお鍋に牛テールを入れて、新鮮な水をかぶるくらい注いで火にかけます。お湯から茹でると旨味が出てしまうので注意しましょう。

沸騰したらざるにとり、牛テールをひとつずつ流水で洗います。

今回は常陸牛で脂の多い肉質なので2回茹でこぼししました。

外国産など赤身のお肉の場合には1回にしています。この辺りはお好みとお肉の具合に合わせて・・・です。

 

 

 

 

日本では比較的安価な牛テールですが、お隣韓国では呼吸な部位らしく、韓国人のお友達が美味しいスープが気軽にとれてうらやましい、と言っていました。

 

さあて、下ごしらえができましたらお料理に入りますよ♡

 

牛テールの赤ワイン煮

 

 

失敗しない【塩麹の作り方】通常編

塩麹の作り方のサムネイル画像

絶対失敗しない、3週間日持ちする塩麹の作り方のポイントをまとめました。

生米麹と乾燥米麹では発酵具合が違います。ここでは、生米麹を使用しています。

材料(作りやすい分量)

塩麹の作り方

  生米麴    300g (冷凍保存可能) 
天然塩  100g(塩麹の1/3量が目安)
360~400ml
   
   
   
   
   
   
 

作り方

  1. 生米麹を清潔な手で一粒一粒になるようによくほぐす。手でほぐすことで手の熱が伝わって麹が活性化してきます。面倒でもしっかりと粒になるまでするのがPOINT1!塩麴の作り方こんなお団子をほぐしていきます。塩麴の作り方サラサラ一粒ずつになるまで続けます。
  2. 塩を混ぜる。この作業も手でする。一つぶに塩をまぶすようにしっかりと混ぜるのが腐敗防止になります。←POINT2塩麴の作り方
  3. 水をひたひたになるように加える。水加減は調整して入れてください。多すぎても少なすぎてもダメです。←POINT3塩麴の作り方塩麹の作り方米麹が水より上に出てしまうと腐敗の原因となります。写真の水加減が目安です。
  4. 手でとろみがつくまで混ぜる。POINT4塩麹の作り方塩麹の作り方全体に白くとろんとした状態。周りに飛び散ったし米麹も腐敗の原因となりますのできれいにふき取ってキッチンペーパーでおきます。
  5. 冷蔵庫で約1週間、毎日1回は混ぜるようにして育てれば完成です。

      時間をかけずに美味しい塩麴を作る方法もあります↓

       発酵食コーディネーター養成講座へ

 私は、すぐできる方法で作っていますが、通常編をお教えするクラスもあるのでその場合には5の後に写真の発酵器にお任せしています。

ずるっこ((笑)(笑)

 

温度と時間を管理してくれるので6時間ほったらかしで完成。

 

近くの家電量販店で購入しました!

発酵器

 

 


塩麴だけでなく味噌やみりん、お酢など腸をきれいにしてくれる発酵食品について学びながら

毎日のお料理に上手に発酵食品を取り入れる方法をお伝えしています。

発酵食コーディネーター講座

 

桜のいなりずしの作り方

お花見弁当

お花見に彩のきれいな桜えびとグリンピース入りの桜いなりずしはいかがでしょうか。

材料(8個分)桜いなりずしの作り方 材料桜の花の塩抜き

油揚げ 4枚 長方形のもの使用
250g
白ごま 小さじ1
桜えび 大さじ2
グリンピース(茹で) 20g
 

 

A出汁 100ml
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ1
B米酢 大さじ1,5
砂糖 小さじ1
ひとつまみ
   
桜の花の塩漬け 8輪

 

作り方

  1. 米は研いで30分浸水し、通常に水加減よりやや水分を減らして炊飯器で炊く。
  2. 油あげは半分に切って、中を角までしっかりと開く。(購入するときにはふわふわしているものを購入したほうが開きやすいようです。)油揚げ切る
  3. さっとゆでて、油抜きをし、ぎゅうっと水気を絞る。(油抜きはしなくてもよいがしたほうが上品な味に仕上がる。)油揚げ油をきる
  4. 鍋に均等になるように並べてAの調味料を入れて落し蓋をして煮る。10~15分程度。煮汁がほんの少しになるまで煮て冷ましておく。冷ます間にも煮汁を吸います。
  5. 稲荷ずし油揚げを煮るBの調味料を合わせてすし酢を作り、炊きあがったご飯に回しかけて混ぜる。切るように混ぜるのがポイント!
  6. すし飯の作り方桜えびとゆでたグリンピースを混ぜ合わせ、冷ました油揚げに詰める。縁を1㎝くらい折り返して大匙2杯くらいを詰めていきます。。角までしっかりと手で詰めるのがポイント!
  7. 稲荷ずしの作り方桜のいなりずしでは、折りたたまずに中身が見えるように仕上げますので、このまま桜の花の塩漬け(塩抜きしたもの)をのせて出来上がりです。桜のいなりずし

 

食と空間のスクールTABLE SALON

春のおもてなし料理 より

 

抹茶とホワイトチョコレートの桜ケーキ

桜のケーキのサムネイル画像

春らしい桜のケーキ。抹茶と相性の良いホワイトチョコレートを入れるとワンランクアップした上品なケーキになります。

材料(21cm長さのパウンド型1台分

敷紙をしておく。)

材料名が入ります 容量が入ります
無塩バター

100g

全卵 2個
卵黄 1個
グラニュー糖 100g
A.薄力粉 90g
A.抹茶 4g
A.ベーキングパウダー 5g
A.塩 ひとつまみ
桜の花の塩漬け 20輪
ホワイトチョコレート 30g

 

作り方

  1. 室温に戻したバターをホイッパーでクリーム状にし、グラニュー糖の1/2を加えて白っぽくなるまですり合わせる。
  2. 全卵に残りのグラニュー糖を加えて、湯煎にかけながら泡立てる。全卵泡立て
  3. Aを合わせてふるう。
  4. 桜の花の塩漬けは水につけて塩抜きし、水気をキッチンペーパーでとっておく。桜の花の塩抜きキッチンペパー
  5. 5の半量は花びらだけにしておく。
  6. 1に卵黄を混ぜ、5の花びらを加えて2の1/3を加えてホイッパーで混ぜ合わせ、ふるった粉類を加えて混ぜ合わせる。2018319133754.JPG
  7. 2の残りも加えて混ぜ合わせ、半量を型に流して、砕いたホワイトチョコとを均等に入れ、残りの生地も流し入れて表面を平らに整える。
  8. 165℃のオーブンで約30分焼成し、冷めたら桜の花で飾る。桜のケーキのサムネイル画像

 

前へ
次へ
  • HIROKO’s Lecipe ラグジュアリーな食卓、とっておきのrecipe食空間プロデューサーの松永寛子がおいしくラグジュアリーな食卓、とっておきのレシピをご紹介します。
  • Food&Lifestylecreate協会
  • オンラインSHOP
  • 松永寛子著書のご案内美しい写真で綴られるテーブルコーディネートとお菓子の本
  • TABLE SALON フランス便りフランス紀行