ホーム>LIFESTYLE BLOG>HIROKO’s Lecipe

HIROKO’s Lecipe

中華風 肉味噌 作り置きおかずレシピ

中華風 肉味噌

様々なメニューにアレンジしやすい中華風の肉味噌です。辛さはお好みですが、

控えめにしておいたほうが、アレンジはしやすいかと思います。

材料(作りやすい分量)

豚ひき肉 450g         
長ネギ(みじん切り) 1本
干しシイタケ(みじん切り) 2個
にんにく(みじん切り) 1かけ
生姜(みじん切り) 1かけ
   
調味料  
甜面醤 大匙3
豆板醤 小さじ1
豆鼓醤 大匙1 1/2
醤油 大匙2
中華スープ 3カップ
   
ごま油 大匙2
片栗粉 大匙2

 

 

作り方

  1. ごま油をフライパンに入れ、生姜とニンニクのみじん切りを加えて弱火にかける。
  2. じっくりと香りを油へ移す。
  3. 1の香りが出たら、豚ひき肉をつぶしながら炒める。
  4. 色が変わったら、フライパンの奥へ寄せて、お肉から出た油を手前へ。
  5. そこへ醤3種類を加えて香ばしさが加わるまでよく炒める。
  6. 肉と醤を混ぜ合わせ、ネギ、シイタケを炒め合わせる。
  7. 中華スープを加える。
  8. 醤油を鍋肌から回しかける。
  9. 水溶き片栗粉を加えて全体に混ぜ合わせとろみがついたら完成。
  10. きれいに洗って乾かした容器に入れて保存します。
  11. 冷蔵庫で1週間保存可能。冷凍保存も可能です。

 

2017.7.18作り置きおかずからのレシピです。

作り置きおかずのメニューはこちら

 

夏にぴったりのアレンジレシピ! 

 

 

肉味噌となすのそうめん 

肉味噌アレンジレシピ

 

他にもマーボー豆腐、チャーハン、茄子やジャガイモにかけて・・・。などなどアレンジ自在な優秀な作り置きおかずです。

参考にしていただけましたら大変うれしく存じます。

肉味噌となすの冷やしそうめん

肉味噌アレンジレシピのサムネイル画像のサムネイル画像2017.7.18作り置きおかず から~
 
 
 
 
 
 
 
 

材料(2人分)

肉味噌 大さじ4
中華スープ 50㏄
なす 1本
万能ねぎ(小口切) 1/4本
ごま油 大さじ3
そうめん 2把
   
   
   

 

作り方

  1. たっぷりの湯でそうめんをゆでる。
  2. フライパンに大さじ3のごま油と1㎝幅の輪切りにした茄子を入れてしんなりするまで火にかける。
  3. 肉味噌とスープを加えて全体に炒め合わせる。
  4. ゆであがったそうめんは、水でしっかりと洗い、氷水につけて冷やす。
  5. 器にそうめんを盛りつけ、3をのせ、小口に切った万能ねぎを散らす。

 

梅シロップ

梅シロップのサムネイル画像のサムネイル画像

漬け込んでから約1か月で完成します。夏の暑いときに炭酸やお水で割って飲んでくださいね。

簡単に作れるのがうれしいシロップです。

        梅          1Kg  
氷砂糖 1Kg
氷砂糖の一部をはちみつに変えてもOK  
   
   
   
   
   
   

 

作り方

  1. 梅をきれいに洗い、へたをつまようじなどでひっかけて丁寧にとる。
  2. キッチンペーパーで水気をよく拭く。
  3. 消毒済みのガラス瓶に氷砂糖、梅を交互に入れていく。
  4. 毎日1回よく振って溶け出した氷砂糖をまんべんなく梅にいきわたらせるようにして冷暗所に保存する。
  5. 約1か月で完成!

 

たけのこの土佐煮

旬の季節に作りたいたけのこレシピ。作り置きの八方出し汁で作ります。

3月の【作り置きおかず】2017.3.7にも登場しています。

材料(4人分)

ゆでたけのこ   300g
八方だし     1 1/2カップ
二番だし 3 1/3カップ
追いがつお 10g
みりん 大匙1 1/3
日本酒 大匙2 2/3
A          
砂糖 小さじ1 1/2
みりん 小さじ1 1/2
 薄口しょうゆ  小さじ1
少々
削り節      3g
木の芽      あれば適宜

作り方

  1. 八方だしの材料を鍋に入れて沸かして、追いがつおを加えて火を止めそのまま冷ます。
  2. 1の八方だしから1 1/2カップを鍋に入れて温め、ゆでたけのこを加えて中火にかける。たけのこの土佐煮
  3. 沸騰したら、調味料Aを加えて落し蓋をし、中火でことことと10~15分煮る。途中あくが出たら丁寧にすくう。たけのこの土佐煮たけのこの土佐煮たけのこの土佐煮
  4. 煮汁はほとんどなくなりますが、あれば軽く切って削り節(細)を手早く混ぜ合わせて器に盛り付け、木の芽をあしらう。たけのこの土佐煮


こちらの【タケノコの土佐煮】も登場している2017.3.7作り置きおかずはこちら

 

たけのこのきんぴら

たけのこのきんぴらのサムネイル画像のサムネイル画像

旬のたけのこが手に入ったら作りたいタケノコならではの香りと食感を生かしたお料理。

3月の作り置きおかずにも登場しています。2017.3.7作り置きおかず

材料(4人分)

ゆでたけのこ       200g

ごま油          

おおさじ1/2
醤油           小さじ1
砂糖          小さじ1/2
みりん          小さじ1/2
木の芽          2~3枚(あれば)
   
   
   

 

作り方

  1. ゆでたけのこは、根元部分は5~6㎜のいちょう切り、穂先部分は繊維に沿って縦に6㎜に切る。
  2. フライパンにごま油を熱し、ゆでたけのこを入れて炒める。
  3. 全体に油が回ったら、調味料を加えて絡めながら炒め合わせる。
  4. 器に盛り付け、木の芽をあしらう。

 2017・3・7作り置きおかずはこちら  

大根のチキンファルシー トマトソース

大根のチキンファルシー トマトソース

身近にある材料でパーティー料理を作りましょう。大根や鶏肉がおしゃれに変身!とろとろ熱々チーズがたまりません。

材料(4人分)

       大根         2/3本
鶏ひき肉 80g
ニンニク・生姜 各1/2片
卵黄 1個
   
ホールトマト 小1缶
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1/2片
コンソメスープ 1カップ
ローリエ 2枚
とろけるチーズ 適宜
シブレット 適宜(浅葱でも)

 

作り方

  1. にんにく、しょうがはみじんに切る。玉ねぎは粗みじんに切る。
  2. 大根は皮をむいて4糖分の輪切りにし、切り口の広いほうを上として下に十字に隠し包丁をし、上はスプーンでくりぬく。
  3. くりぬいた大根は粗みじんに切る。
  4. 鶏ひき肉と、3の大根、卵黄を混ぜ合わせてよくこね、2のくりぬいた部分にこんもりとのせる。
  5. 厚手の鍋に、オリーブ油(分量外)を熱し、にんにくと玉ねぎを一緒に入れて透き通るまで炒める。
  6. ホールトマトを崩しながら加え、4の大根を並べて、大根が浸るまでコンソメスープを注ぐ。
  7. ローリエを加えて、沸騰するまで強火で加熱する。
  8. 沸騰したら灰汁を取り除き、弱火でふたをしてことことと大根が柔らかくなるまで煮る。
  9. とろけるチーズを上からかけてとろけるまで蓋をしておく。
  10. 器に盛り付け、シブレットや浅葱の小口切りをのせて出来上がり!

 

作り置きおかずにもなっています。手順4番のこんもり、を見たい方は写真もございます。

栗と鶏肉の煮物

栗と鶏肉の煮物

ホクホクとした甘みがたまりません。栗の季節必ず一度は作りたいレシピです。

材料(4人分)

400g
鶏もも肉 250g
レンコン 150g
こんにゃく 1枚
ごま油 大さじ2
A 砂糖 大さじ4
大さじ2
しょうゆ 大さじ3
   

 

作り方

  1. 栗は一晩水につけておく。
  2. 鬼皮をむき、さっとゆでてから渋皮をむきます。
  3. 鶏もも肉は一口大に切り、こんにゃくは下茹でしてあくを抜き、食べやすい大きさに切り、レンコンは皮をむいて乱切りにし水につけてあく抜きします。
  4. 鍋にごま油を熱し、鶏もも肉を両面焼き付け、一度取り出します。
  5. レンコン、栗、こんにゃくを炒めて4を戻し、水をひたひたになるまで加えて強火で煮ます。
  6. あくを取り、Aの調味料のうち砂糖と、酒を加えて中火で7分程度煮ます。
  7. しょうゆを加えて、時々鍋底から返しながら煮汁が1/3になるまで煮、最後に強火で照りを出します。

フランセジーニャ

 

フランセジーニャのサムネイル画像のサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポルトガル ポルト地方の郷土料理。パンに数種類のお肉をたっぷり挟んでオーブンで焼き、ポルト酒で作ったこっくり濃厚なソースをかけていただきます。

材料(4人分)

牛豚合ひき肉 100g
鶏もも肉 150g
牛ハラミ肉 100g
生ハム 3枚
トマトケチャップ 小さじ2
ナツメグ 少々
にんにく(すりおろし) 1かけ
ブラックペッパー 少々
少々
食パン 4枚
グリュイエールチーズ 適量
オリーブ油 適量
   
ソース  
ホールトマト 200g
ブイヨン カップ1
ポルト酒 大匙4
片栗粉 大匙1

 

作り方

  1. ひき肉にニンニク、塩、ブラックペッパー、ナツメグとケチャップを加えて練り混ぜる。
  2. パンの片面に塗り、フライパンにオリーブ油を多めに入れて1を入れ火にかける。
  3. 軽く色づいたら取り出し、鶏もも肉を皮目を下にして途中一度ひっくり返して焼いて取り出す。
  4. 牛ハラミも表面が色づくまで両面を焼いて取り出す。
  5. 3の食パンをひき肉が上になるようにオーブン天板に置き、その上に生ハム、鶏肉、ハラミをのせて、最後にひき肉が下になるように3の食パンを重ねてグリュイエールチーズをたっぷりとかける。
  6. 200℃のオーブンで約7分焼く。
  7. 小鍋に片栗粉以外のソースの材料を入れて煮詰め、最後に水どき片栗粉でとろみをつける。
  8. 焼きあがった6を皿に盛り、7のソースをかける。


 

 

飴色玉ねぎの作り方

飴色玉ねぎ時間はかかりますが、じっくりあめ色になるまで炒めた玉ねぎの旨みは格別。いつものハンバーグやスープ、ミートソースもこれさえあれば格段に美味しさがアップします。電子レンジを使用したり、塩を入れたりという裏技レシピではありません。時間をかけたからこそ出る旨みです。

材料(作りやすい分量)

  玉ねぎ

10個
オリーブ油 大さじ3
   
   
   
   
   
   
   

 

作り方

  1. 玉ねぎを薄切り、またはみじん切りにする。201683015286.JPG
  2. 厚手の大きな鍋にオリーブ油をならし、火をつけて1を入れる。(私はいつもル クルーゼのオーバルでします。この大きな鍋でも最初は山盛りで混ぜることができません。無理に蓋をして5分くらいするとぐっとかさが減りますのでここで初めて全体を混ぜて油をまわします。)
  3. 蓋をして、蒸します。時々全体を混ぜるようにします。
  4. 飴色玉ねぎ行程のサムネイル画像かさが1/4程度になり、玉ねぎの水分が出てきましたので、ここで蒸すのをやめて水分を飛ばしながら炒めていきます。弱火でじっくりと旨みを引き出します。
  5. あめ色になりねっとりとしたら出来上がりです。ここまで約4時間。冷蔵で3日、冷凍庫で約1か月間保存可能です。

 

 

玉ねぎドレッシングやハンバーグ、トマトと合わせてソースに、うま味調味料として・・・砂糖の代わりに・・・など


時間もかかりますし、量が多いほうが火の通りが均一になりやすいので作りやすいです。一度のたくさん作ることをお勧めしますよ。

 

玉ねぎドレッシングレシピ (準備中)

こちらの作り置きはこちら

なす、ズッキーニ,ぷるぷる豚肉

なす、ズッキーニぷるぷる豚肉の作り置きおかず

作り置き用に、時間がたっても固くならないように豚肉に一工夫しています。

このおかずを使って作ったものも少しずつアップしていきますね。

日持ち:4日間

【2016.7.26作り置きおかず】から

材料

豚こま切れ肉   300g
ズッキーニ 2/3本
なす 3本
玉ねぎ 1/2こ
にんにく 2かけ
片栗粉 適宜
小さじ1/2
黒コショウ 適量
オリーブ油 大さじ2

 

作り方

  1. 豚肉は片栗粉まぶして下茹でする。沸騰した湯で色が変わり始めたら取り出す。
  2. ズッキー二となすはへたを切り落とし5mm厚さに切る。
  3. なすは、水につけてあく抜きし、水分をふき取る。
  4. にんにくは半分に切る。
  5. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが出たらなすとズッキーニを炒める。
  6. 玉ねぎを加えてさらに炒め、最後に豚肉を合わせて、塩と黒コショウ(多め)で味を調える。
  7. 写真はトマト出汁が混ざっています。トマト出汁を作らないときはトマトや赤パプリカを加えると彩がよくなります。
  8. 保存容器を消毒して移し、冷めてからふたをして保存します。

 

前へ
次へ
  • HIROKO’s Lecipe ラグジュアリーな食卓、とっておきのrecipe食空間プロデューサーの松永寛子がおいしくラグジュアリーな食卓、とっておきのレシピをご紹介します。
  • Food&Lifestylecreate協会
  • オンラインSHOP
  • 松永寛子著書のご案内美しい写真で綴られるテーブルコーディネートとお菓子の本
  • TABLE SALON フランス便りフランス紀行